借金に関するご相談のタイミング

知らない間に膨れ上がってしまった借金について、お悩みの方は多いと思います。
そして、悩み続け、返し続けて、気が付けば生活費すらなくなってしまい、当座の生活費の借入すらできなくなってしまう方もいらっしゃいます。
では、借金について、どのタイミングで相談すればよいのでしょうか。
 
①相談に来てほしい借金の金額は100万円
当事務所では、住宅ローンや自動車ローン、学資ローンなどを除いて、フリーローンやキャッシング、消費者金融からの借り入れが100万円を超えている場合、一度ご相談にお越しいただくことをおススメしております。
この場合、利息だけで年間15万円以上発生している可能性が高く、月の返済のうち1万円以上の利息を支払っている状態です。
上記のようにフリーローン等で100万円以上の借金のある方は、生活の収支の見直しの意味も含めて一度当事務所に相談にいらしてください。
借金に関するご相談は相談料無料で承っております。
 
②やってはいけないこと
借金で苦しくなって、キャッシング枠がなくなってしまったときに、クレジットの枠を使って新幹線チケットやギフトカード、ブランド品を買って換金して生活費の足しにされる方がいらっしゃいます。
生きるためにやむを得ないとも思えますが、上記の行為はやってはいけません。
換金行為を行っている場合、破産手続きや再生手続きにおいて重大な影響を及ぼします。
キャッシング枠がなくなってしまったときは、すでに弁護士が介入をしないと自力での生活再建は不可能な状況と言っても過言ではありません。
 
借金の相談のタイミングはすごく難しいものです。
「借り入れをすればまだやっていける。」「借り入れの枠はまだある。」と思ってしまい、ずるずると状況を悪化させてしまいがちです。
借金に関するご相談はお気軽に、そして早めに来てくださいね。